トップ > こんなときQ&A
こんなときQ&A

こんなときQ&A

滞納し続けるとどうなるの?

延滞期間が3〜6か月を超える(各金融機関,本人支払状況による)と,期限の利益が喪失され(住宅ローンの場合の期限の利益とは分割返済できる利益と考えられます),銀行からの請求に従い,保証機関が本人に代わって支払を行います。その後,保証機関から一括で支払え!というような督促が届くことになります。
一括で支払ができない場合,保証会社は債権を担保するため,担保権を行使し,競売の手続きへと進んでいきます。

ページの先頭へ

一括請求されたらどう対応したらいいの?

長期間支払っていて,親族などに代わって一括で返済してもらえるのであれば,それでいいでしょう。しかし,どうしても一括で返済できない場合,売却を検討する必要があります。
保証会社が競売を実行するまで,困った・・と悩んでいるだけですと状況はどんどん不利な方向へ動きます。(競売のデメリットへ)
任意売却を早急に検討し,専門家へ相談しましょう。

ページの先頭へ

オーバーローンでも不動産は売却できるの?

住宅ローンの残りが担保である不動産の価値より上回っている状態、つまり担保の不動産を売っても残りの住宅ローンを完済できない状態を言います。この場合,不動産を売却しても,ローンが全額返済されないので,残ってしまう住宅ローンの返済のあてがないのであれば,債権者は担保不動産の売却を承諾しません。ただ,任意売却を申入れるときに売却したあとの債務について返済方法等の計画案を各債権者へ相談することで、任意売却で売却できる可能性があります。

ページの先頭へ

差押えされたらどうしたらいいの?

差し押さえとは、債権者の権利の実現のために、国が債務者に、財産(不動産、動産、債権)の処分を禁止することをいいます。原則として強制執行(競売や強制管理)に入る前段階の措置として行われるものです。差し押さえされた場合は,債権者は競売の実行手続きに移っています。時間が少なくなっていますが,まだ任意売却できるチャンスはあります。

ページの先頭へ

競売開始決定の通知が届いた。

裁判所によっても異なりますが競売開始の決定が届いてから,入札までは3か月から6か月程度の時間がかかります。入札があったとしても任意売却ができないということはありませんが手続きとしてはとても複雑になります。また,裁判所から書類が届いているような場合は,いかなる内容のものであっても早い段階でご相談ください。

株式会社H&W不動産コンサルティング 私たちは,「安心」「丁寧」「スピーディ」を追求します 任意売却ねっと
あきらめるのはまだ早い。一本の電話で道は開けます!03-5776-0565 9時から20時(平日)10時から19時(土・祝日)秘密厳守 相談無料 住宅ローンを延滞している・・・
保証会社から督促があった・・・
自宅が競売・差押えされた・・・

※任意売却は,引越先を確保するなど生活再建のための制度です。

ページの先頭へ

住宅ローンリスケジュールの条件

必ずできる!という条件はありません。リスケジュールは返済計画の変更であり,必ず返済が生じます。返済できるということが条件であり,今の返済は難しいが,一定期間過ぎれば返済可能であると債権者が納得する程度の材料は必要になります。

ページの先頭へ

任意売却後の残債務について

抵当不動産の売却代金を残債に対する返済に充て抵当権の解除をしても,まだ債務が残る場合にはその債権者に対しては無担保の貸金債権が残ることになります。

ページの先頭へ

リスケ後の残債務について

返済期間を延長,もしくは一定期間元金据え置きなどの措置を取るとほとんどの場合,総債務額は増加します。ただ月々の返済額の調整が可能なので交渉によって無理なく返済していくことが可能です。リスケジュールすることによって総返済額がどのようになるかも,きちんと確認しましょう。

ページの先頭へ

引っ越し費用

任意売却の場合,売買契約が成立し,決済まで通常一カ月程度の時間があります。その間に引っ越しが必要です。交渉によって引っ越し費用が確保できます。(100%ではないですが)

プライバシー

競売にかけられた場合は,競売物件として新聞やインターネット等に物件の情報が記載されますので,ご近所や知られたくない方に「支払ができないから売らなくてはいけなくなった」ことを知られる可能性が高くなります。任意売却であれば,「お支払いができなくて売却になった」「債務超過」ということを知られることなく、売却、お引っ越しができる可能性が高いです。

期限の利益

簡単にいうと分割支払できる利益ということになります。仮に「3000万円を毎月1回,35年間(420回)で支払う」という契約をしたとします。これは420回で35年かけて返済してくれれば大丈夫 という意味の契約です。ところが、滞納が続き,各金融機関の規定回数以上返済をしない場合、35年間という期限が無くなって、即,全額の一括返済を迫られることです。 規定回数については、住宅金融公庫の場合は概ね6ヶ月。他の銀行などの金融機関では3ヶ月ということもあります。過去の滞納などの返済実績も多少、期限の利益の喪失の時期を左右することもあります。

サービサー(債権回収)

「債権管理回収業に関する特別措置法(サービサー法)」により、不良債権処理を促進するため債権管理回収業を行うことができる許可を得た民間会社のことです。もともと債権回収業務は、弁護士にしか許されていない業務でした。ところが,不良債権が増大し,弁護士だけでは対応できない事態になり、弁護士法の特例として「債権管理回収業に関する特別措置法(サービサー法)」が施行されました。したがって,延滞が多数回続いた場合は,当初住宅ローンを組んだ金融機関以外の業者(これがサービサーです)から督促などが来ることもあります。

株式会社H&W不動産コンサルティング 私たちは,「安心」「丁寧」「スピーディ」を追求します 任意売却ねっと
あきらめるのはまだ早い。一本の電話で道は開けます!03-5776-0565 9時から20時(平日)10時から19時(土・祝日)秘密厳守 相談無料 住宅ローンを延滞している・・・
保証会社から督促があった・・・
自宅が競売・差押えされた・・・

※任意売却は,引越先を確保するなど生活再建のための制度です。

HOMEへ戻る

借換え

リスケ

任意売却

こんなときQ&A

用語解説

費用について

当社のご案内

受付時間 9時から20時(平日)10時から19時(土祝)

所在地 郵便番号1050001 東京都港区虎ノ門5丁目1-5 虎ノ門45MTビル3階

アクセスMAP

ページの先頭へ