トップ > 任意売却 > 任意売却とは
任意売却

任意売却とは

住宅ローンの返済がどうしてもできなくなってしまった場合や,支払いが困難になったことにより債権者(銀行などの金融機関)から差押えや競売の申立てをされそう,もしくは,すでにそのような状況になった場合には,不動産の売却方法のひとつである任意売却という方法によって,問題を解決することを,お勧めいたします。

任意売却とは

任意売却とは,住宅ローンの担保となっている不動産を債権者(銀行などの金融機関)と話合いをすることによって売却し,その売却代金を住宅ローンの残債に充てるというものです。一般的に住宅ローンの場合には抵当権などの複雑な権利関係が存在しますので,任意売却する際には債権者や債権者以外の抵当権者,買受人やその他の利害関係人全員の同意が必要となります。債権者など利害関係人が増えるにしたがい全員の同意を得ることが難しくはなりますが,競売などと比較すると,売却する本人(債務者)はもちろんのこと,債権者など利害関係人にとってもメリットとなるケースがあり,任意売却という方法は多く利用されています。

株式会社H&W不動産コンサルティング 私たちは,「安心」「丁寧」「スピーディ」を追求します 任意売却ねっと
あきらめるのはまだ早い。一本の電話で道は開けます!03-5776-0565 9時から20時(平日)10時から19時(土・祝日)秘密厳守 相談無料 住宅ローンを延滞している・・・
保証会社から督促があった・・・
自宅が競売・差押えされた・・・

※任意売却は,引越先を確保するなど生活再建のための制度です。

ページの先頭へ